FCoinJP Contents

WhitePaper(FT)

本記事は、FCoinのWhitePaper(V1.3)日本語訳になります。

原文:https://www.fcoin.com/ft-en.pdf?v=1.3

背景

ビットコインが誕生して以来、ブロックチェーン技術に基づくデジタル資産(訳注:仮想通貨=暗号通貨のことを指すが、WPの表現を尊重し以後そのまま用いる)が発展してきた。

今日では、これらのデジタル資産の種類と影響力は日に日に増し続けている。

デジタル資産の公平で妥当な価格の形成、異なるデジタル資産間での取引、関連する顧客サービス、規制の合理化、またデジタル資産派生商品の取引などの需要が増えつつある。

現在、これらの需要を担うには、多様なデジタル資産の取引プラットフォーム(訳注:一般的な仮想通貨取引所、DEX等)を兼用することで満たすことができる。

デジタル資産の短い歴史の中では、これらのプラットフォームはデジタル資産の発展に多大な貢献をした一方、(ハッキングなどの)大きな事故も起こってきた。

これらの問題は、従来のプラットフォームが新しいデジタル資産時代の要件に適応できず、対応が不十分であることによって引き起こされてきた。

ブロックチェーンに基づくデジタル資産の誕生により、資産や取引の完全な透明化と自己証明ができる。

これは未来の企業と規制構造に革命的な変化をもたらす。

我々は、これらの変革は「企業」が「コミュニティー」に進化し、規制構造がブロックチェーン技術によって維持される方向に進むということを信じてやまない。

したがって、デジタル資産取引プラットフォームは、これらの革命的な変化を先導する能力が必要なだけではなく、その責任も負わねばならない。そのために我々は「FCoin」を立ち上げる。

世界初の自律型デジタル資産プラットフォーム

FCoinは投機家や投資家が、プラットフォームの公正性や透明化やデータセキュリティの信頼性、プライバシー保護、取引システムの整合性や堅牢生などを心配せずに、あらゆるサイズのデジタル資産を安全に取引できる、自律的で、効率的かつ透明性のあるデジタル資産プラットフォームを目指す。

同時に、FCoinは、いわゆる企業ではなく、単なる取引所から”コミュニティ”への飛躍的進化を続けていく。

FCoinコミュニティはオープンで透明なトークンベースの組織で、FCoinによって発行されたFCoinトークン(FT)がFCoinコミュニティ全体の所有権を表す。

さらに重要なことは、FCoinは”Trans-Fee Mining(取引手数料マイニング)”というモデルを発明した。

このモデルでは、発行総数の半分以上のFTがコミュニティユーザーに報酬として、彼らが支払った取引手数料分だけ返還される。

更に独特なのは、Fcoinコミュニティが収益の80%をFTホルダーに分配することである。
Fcoinの収益は各通貨毎に、FTの保有数に応じた比率で配布される。

収益分配の例として、仮にFcoinの収益が100btc+400ethとすると、総流通量の1%のFTを持つAさんの配当は1btc+4ethである。

さらに、FTホルダーは意思決定や選挙などのコミュニティ活動に参加する権利を持つ。

FCoinは、全てのFTホルダーの全てのFTホルダーによる全てのFTホルダーのためのコミュニティ組織である。

FCoinブランドの意味

FCoinの”F”には2つの意味がある。

1つ目は、金融取引所を示す “F”inanceの意味。

2つ目は、未来の自治組織の方向性を率先して我々がつくりあげるというコミットを示す “F”uture の意味である。

プラットフォームの特徴

FCoinの使命は投資家の取引及びデジタル資産の管理に対し公平で理想的な環境を営むことである。

したがって、プラットフォーム設計目標は取引注文の正確性と透明性を保証する。

また最も安全、かつ効率的な方法でデータセキュリティ、報告、分析、監査などのニーズを実現する。

オープンかつ透明

FCoinは世界初のオープンで透明な取引コミュニティーである。

従来の取引所は、単に古いテクノロジーの技術的な限界によって、真にオープンで透明なコミュニティーという最終目標を達成できてこれなかった。

しかし、ブロックチェーン技術の誕生によって、この目標は完全に実現可能となった。
FCoinの使命は、この可能性を現実のものとすることである。

さらに、FCoinはリアルタイムの資産と取引データクエリの仕組みを公開する予定である。

コミュニティーベースの自治組織

FCoinは、伝統的な中央集権化の企業構造を採用しておらず、CEOや取締役会を持っていない。
FCoinは、ブロックチェーン技術とトークンエコノミーをコンセプトに、取引手数料マイニングモデルによる発行済みFTの51%をコミュニティーに還元する世界初のコミュニティーベースの取引所である。

FCoinはFTホルダーに取引所収入の80%をFT保有者に分配する。

すべてのFT保有者は、スマートコントラクトの投票を通じてコミュニティガバナンスに参加する。

金融市場レベルの取引システム

FCoinの取引システムは、効率的かつ保証され、迅速で安定した金融市場レベルの取引を実現することができる。
FCoinは高度な証券レベルのアルゴリズムを提供し、GTT、GTC、FOK、IOCなどの様々な専門取引の指示をサポートする。

投資家のための専門的で定量的なバックアップも提供し、LMAX取引所の関連する経験に基づいて毎秒200万件のトランザクションを処理することができる。

セキュリティーシステム

セキュリティはデジタル資産取引の最優先事項である。

マルチシグネチャ、オフライン署名、安全で信頼性の高いレイヤーアーキテクチャなどのセキュリティ設計に基づいて、FCoinはコールドウォレットに95%のデジタル資産を保存する。
ゼロ知識注文は、CertEurope6のPKIブロックチェーンサービスによって与えられたキーで暗号化され、定期的な外部監査を行う。

デジタル資産を選別するためのFCoin基準

ブロックチェーンの実用性は、数学的な計算方法に基づいた新たなインセンティブシステムを構築し、技術と金融を組み合わせるイノベーションにあること、これらの業界の構造を改革し、生産性を高めることにある。

これに関連し、多くのイノベーションが生まれることが予想できるが、同時に、必然的に様々な不正行為や詐欺などのインシデントが伴うことも予想される。

このような望ましくない副作用を避けるために、FCoinは、世界トップのプラットフォームや関連の規制機関での経験をもとに、デジタル資産の特性を組み合わせて、デジタル資産を選別(フィルタリング)する一連の標準や仕組みを整備する。

このような標準や仕組みを定期的に更新し、投資家の方と一緒にデジタル資産の価値を発掘していく。

我々の目標は、プロジェクトの透明性と、マーケットに代わってこれらのプロジェクトの価値判断を下すのではなく、FCoin取引プラットフォームの「コミュニティ」ガバナンスの要件を保証することである。

FCoinがプロジェクトを評価するのではなく、デジタル資産の安全でオープンで透明性の高い自己規制の取引プラットフォームの提供を目指す。

FT(FCoin Token)

FTとは

FTはFCoinによって発行されたトークンである。

発行された全FTは、革新的な「取引手数料マイニング」モデルを採用するFCoin取引プラットフォームの全所有権と同等の基盤である。

FTの総発行枚数は100億枚に設定されており、この数字が増えることはない。

プラットフォームとしてのFCoinはFTホルダーにその収益の大部分を即座に分配する。

同時に、FTホルダーはFCoinコミュニティーを管理する権利を有する。

FTホルダーの権利

様々なデジタル化された権利の(循環し暗号化された)証明書として、プラットフォームの未来のデジタル経済に欠かせないものになるだろう。

FTはFCoinコミュニティーの株式を表しており、FCoinコミュニティガバナンスの礎である。

保有者の権利 説明
収益の分配 FCoinの収益は8割がFTホルダーに分配され、2割がFCoinの開発や運営用に投入される。
意思決定権 FCoinコミュニティーは、FTホルダーに重要な経営の意思決定権を授与するのにスマートコントラクト投票を利用する。
選挙および監督権 FCoinのコミュニティー委員会のメンバーは定期的に交代する。FTホルダーは、その選挙への参加や、プラットフォームの透明性の監督、委員会の適性評価を実行できる。

FT(FCoin Token)の初回配分

コミュニティ報酬 51%
FCoinファンド 23%
創業チーム 12%
戦略パートナー 9%
プライベートセール 5%

FCoinにおけるコミュニティ報酬の仕組み:取引手数料マイニング

このコミュニティ報酬の仕組みは、FCoinの革新的で独創的な”取引手数料マイニング”モデルを利用する。

このモデルにおいては、我々が時間とともにメンバー/ユーザーに返還する方法として、定期的にコミュニティメンバーにFTのカタチで報酬を与える。

我々は全てのメンバー/ユーザーのプラットフォームでの取引手数料の支払いを、プラットフォームの全FT(100億枚)の過半数(51%)を使い、FTで還元する。

手数料還元の周期はカレンダー上の1日※1である。

平均価格に応じて還元するFTの枚数を計算し、その都度ユーザーに発行する。

※1 訳注:2018/7/18現在では手数料を支払ってから24時間後。

Fcoinファンド

FCoinファンドは暗号通貨のエコシステムに投資する予定である。

投資モデルは主にFOF(Fund of Funds)※2に基づいており、資金源は直接投資によって補われる。

※2 訳注:投資信託に投資する投資信託を指す。ここではFCoinファンド自体に投資する投資信託のことである。

FT発行の仕組み

我々はFTの発行に「払い戻しと解凍」の仕組みを利用する。

前述のように、51%のFTは我々独自の「取引手数料マイニング」の仕組みによりコミュニティユーザーに報酬を与えると同時に、残りの49%のFTは、民間資本と戦略パートナー、創業チーム、そしてFCoin ファンドに分配される。

このFTの2つの区分は、それぞれ「コミュニティ報酬」と「事前発行」として、我々は分類している。

「コミュニティ報酬」の意味:ユーザーは自身が支払った取引手数料がFTのカタチで毎日払い戻しされることによってFTを獲得できる。

「事前発行」の意味:「コミュニティ報酬」によって解放されるFTと並行して毎日解凍されるFTである。

したがって、現在のFT流通枚数 = 現在までに払い戻された全FT/51%

FCoin ロードマップ

日付 予定
2018年4月 ベータ版開始
2018年5月 正式に取引開始、主要なデジタル資産の一部が上場
2018年7月 スマートコントラクトを使った投票の1回目
2018年8月 スマートコントラクトを通じて実行される収益分配の1回目
2018年9月 新しいデジタル資産評価基準による上場の仕組みを確立
2019年4月 コミュニティ委員会メンバーの選挙